弁護士9条の会・おおた
弁護士9条の会・おおたのアピール
活動紹介
弁護士9条の会・おおたの企画紹介
「これがいいたい!」一人一言
憲法についてのQ&A
大田区における9条の会の活動
学習参考文献など
映画で考える「平和」
自民党新憲法案批判
日本国憲法 第二章 戦争の放棄
第九条
一.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
二.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Article 9.
  Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order,
the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation
and the threat or use of force as means of settling international disputes.
  In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and
air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The
right of belligerency of the state will not be recognized.
お知らせ

次回学習会のご案内
2014年7月14日学習会レポート


国民投票法案のここが問題!
 第1 国民投票法案が出てくる背景
 第2 国民投票法案の内容
 第3 国民投票法案の問題点
 国民投票法案と国民投票運動規制
事務局
〒144-8570
東京都東京都大田区蒲田5−15−8蒲田月村ビル4階 東京南部法律事務所
電話:03−3736−1141
FAX :03−3734−1584

〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-7近畿建物銀座ビル7階 銀座通り法律事務所
電話:03-5568-7603
FAX :03-5568-7607